You are here
Home > 情報発信 > 全て自分の思う通りに「選択」している。

全て自分の思う通りに「選択」している。

全て自分の思う通りに「選択」している。こんにちは!野崎純子です。
もー、森永さんのミルクココアが美味しすぎて
一人で牛乳1本飲みきりましたよ♪
ココアはやっぱり、森永さんですね!
このココアと、角切り干し芋の相性が異常にイイ!!
しかし、この角切り干し芋。
たまに超パサッパサのハズレに当たることありません?!
わたししっとり好きなので、パッサリはねー、好かん!
もうなくなりそうだから、また買ってこよっと。

 

そんなどうでもいい話はさておき、

 

今日は「選択」について。

 

色んな本などで目にするのが「人生は選択の連続である。」ということ。
確かにそうですね、何するにも自分で選択した結果が今の状況。

 

で、その今の状況に「不満」があろうが、それは自分自身が選択した結果なんだ。
結果が望んでいたものではないとしても、それは自分が「思う通り」に
選択したんですよね。

 

「ケーキバイキングに行ってたくさん食べられて幸せ~♪」

 

の結果、体重増加!!とか。

 

 

自分にとって「良い選択」と「悪い選択」がある。
できるなら「良い選択」をしていきたい。

 

そこで、普段の生活で「良い選択」をするためには
「言葉の選択」が重要なんだと気づかせていただきました。
(NBGCフロントラインで発表された渡邉さん、ありがとうございます♪)

 

普段、何気なく口にしている「口ぐせ」。
口ぐせリストを作ってみると、おもしろいですよ!

 

わたし、ポジティ部の部長と言っておきながらも
けっこう「もー無理!」とか「どうしよー!やだー!」とか
ネガティブワードけっこう言ってるんですね。

 

もちろん、自分で自分を励ます言葉「大丈夫、大丈夫!」とか
自分に言い聞かせて使っていることもあるんですが。

 

この口ぐせが、自分の普段の「選択」に大きく関わってくるんです。
否定的な言葉を多く使っていれば、目の前の「選択」も否定的に。

 

「自分にはできない。」という言葉や思い込みは
自らの可能性を閉ざしてしまうんだなと実感。

 

ですから、「できない!」「無理!」とか言うかわりに
「その可能性に挑んでみる価値はある!」と思えるようになりたい。

 

これって、普段の「言葉」が大事!!
発する言葉で、選択が変わるのであれば意識して言葉を使う。
その結果は、自分が「思った通りの選択であり未来」。
その結果が、自分の中で悪かったとしても、良かったとしてもです。
自分で選択し続けた結果が、今であり未来なので。

 

自分の「良い選択」のために言葉選びには気をつけたいですね。
早速、わたしも行動するのでー、あります!!(^O^)/

 

口ぐせが行動パターンを変える!
良い方に持って行きたいですね♪

無料ご登録フォーム

※登録されたメールアドレス宛にメールが送信されます。万が一、届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。

コメントを残す


Top