You are here
Home > JUNKO★SELECTION > 勝てるところで、勝つ。

勝てるところで、勝つ。

勝てるところで、勝つ。※メルマガで10月30日に配信された内容です。

こんばんは、野崎純子です。

昨日は所属するビジネスコミュニティBECの勉強会でした。

・BUYMA

・メルカリ

・Amazon

・せどり

・トレンドブログ

・サイトアフィリ

・YouTube

・コピーライター

・メルマガアフィリ

・情報発信

み〜んなそれぞれ活動するジャンルは違えど

この月末に思うことは一緒で、

●いかに今月中で売りを立てるか?

●利益を伸ばすか?

目標達成するために、
ジャンルを跨いで意見交換をしていました。

で、思ったことが

「勝てるところで、勝つ。」意識。

ここでは分かりやすく、
BUYMA、トレンドブログ、情報発信に当てはめます。

今、売上が立っていないのなら、
戦うフィールドを間違えていないか?確認しましょう。

【BUYMA】
・ケイトスペード、コーチなどの人気ブランドばかり扱っていないか?

【トレンド】
・メインキーワードが大手、有名人ばかりでないか?

【情報発信】
・物販、主婦、無在庫、などよく見る似通った発信になっていないか?

すんごく簡単に書いているので、
アカウントが強い弱いとか関係なく書いています。

何が言いたいのかと言うと、
ライバルがいっぱいのフィールドで勝てない争いをしていないか?

ということなんです。

わたしが初心者ならば、
強者に戦いを挑むのではなく、
ライバルが少ない「隙間」を狙って勝っていくことを考えます。

【BUYMA】
・150位前後のマイナーブランドをリサーチする

【トレンド】
・敢えてスクープ記事じゃなく小さい事件に目を向ける

【情報発信】
・皆んなと同じようなコンセプトから抜ける何か

ここを意識するだけで、
敢えて傷だらけになりながらライバルに勝たなくてもいい。

無傷で勝てる場所を選ぶことが、
月10万円を稼ぐためのヒントになると思います。

いつまでもASOS出してるわけにもいかんでしょうし。

いつまでも不倫記事ばっかり書くトレンドネタだけじゃ飛ばされるかもだし。

その他大勢の情報発信者に埋もれちゃ読まれないし。

誰かと戦いながらじゃなくて、
誰もいないところで活動するのが「無敵」だ。

と、カプセルZの福田さんが
セミナーで話していたことを思い出しました。

確かに、無敵って言葉は、
相手と戦って勝つNO.1って意味もあります。

が。

敵がいない、もしくは少ない、
だからこその「無敵」状態も有りますね。

今攻めるべき物販のプラットフォームがメルカリなのも、

芸能ネタばかりじゃなく、
健康ダイエット系の記事を書くのも。

情報発信のキラキラ女子にならないのも(いや、なれないの・・・)

今、自分のpositionを知ることから始まります。

毎日、1人で活動していると、
視野が狭くなってしまって同じことばかりやったり、言っていたりしますので。

わたしだってそうです。

おお、最近「主婦」に向けてしか発信しとらんやん!

そんなときに、
師匠やコミュニティの仲間から、
発信偏ってるぞとか、独りよがりになってないか?

と言われて気づきますから、
ビジネスコミュニティに所属し、
たくさんの人のアドバイスが得られ、
軌道修正が出来ますから有難いですよね。

進むべき道がわかると、安心して前に進めます。

暗闇の中を進むことくらい、怖いことは有りませんから。

暗い道って恐る恐る進むから、
ノロノロもいいところじゃないですか。

それが、道標となる光が射すだけで、
迷うことなく勢いをつけて走ることも出来ます。

コミュニティの存在の有り難さを日々感じる毎日でございます。

争わずして「無敵」で行こう!

無料ご登録フォーム

※登録されたメールアドレス宛にメールが送信されます。万が一、届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。

コメントを残す


Top