You are here
Home > JUNKO★SELECTION > 貧乏は、我らの代で断ち切れ!

貧乏は、我らの代で断ち切れ!

貧乏は、我らの代で断ち切れ!「わたしは低所得者で、
わたしの家族も低所得者です。」

昨日、美味しい食事をしながら、
1人の若い女性の話に耳を傾けていました。

彼女はお昼にはアパレルの仕事をし、
15万円のお給料をもらいながらも、
もっとお金を稼ぎたい、と副業を始めて8ヶ月目。

都内の一人暮らしで15万円あれば生きていけるけど、
それ以外何も出来ない。

だからこそ、お金を稼ぎたい。

とても純粋で真っ直ぐで、
真っ直ぐ過ぎてどこかポキっと折れそうな印象でした。

毎日、仕事と副業に一生懸命、
そして恋もしていました。

そこで冒頭のフレーズを聞いたのです。

・わたしは低所得者で、家族も低所得なんです。

恋をしている相手の男性が、
家柄がよく、高学歴で、経済力もある人だといいます。

一般的な女性であれば、

これで玉の輿だわルンルン♪

と思うかもしれませんが(そうでもない?)
彼女はまるで今でも身分制度があるかのような考え方をしていた。

「うちは低所得の家庭なので、彼の家とは不相応なんです」

士農工商?時代物の昼ドラか?!

と思いつつも彼女は真剣そのものでした。

彼女は、今まで苦労して生きてきた人生だったかもしれない。

でも、生まれる家庭は決められないし、
江戸時代とかじゃないんだから、身分なんかないし、
今は自分の力でお金を稼ぐことが出来る素敵な時代です。

低所得なら、まずは稼げばいいだけ。

ネットビジネスって、男女、家柄、年齢も関係なし!

お金を稼ぐために学び、
学んだことで目標を達成し、
毎日の成功体験で自信がついてくるはずです。

・わたしは自分で毎月50万円稼ぐ力を身につけた

・今までは勉強なんて嫌いだったけど、学ぶって楽しいんだ

そうした前向きなエネルギーが、
女性を魅力的に見せどんどん人間としてのステージも上がっていきます。

その頃には、きっと恋している相手とも、
真正面から話し堂々と笑顔でいられると思うんです。

あなたの家が貧乏なら、あなたの代で断ち切りなさい。

貧乏が遺伝するなんて言うのは、
お母さんたちが働く環境がなくて、
「稼ぐ」ことよりも「節約」をするしかなかったから。

大事な娘には同じ貧乏をさせたくないと、

・もっと節約しなさい!
・毎月お給料のうち3万円は貯金しなさい!

有難いことですね。
そう言ってくれる親御さんがいるって。

でも、今は時代が変わりました。

インターネットを使ったビジネスで、
会社からいただくお給料以上にお金を稼ぐことが可能です。

稼げる自分になれたら、
お母さんにも旅行をプレゼントできる、
兄弟の大学の資金だって援助できる、
ハッキリ言って、見える世界が変わります。

だから、そのまま信じてネットビジネスを続けてください。

貧乏は、わたしの代で終わり。

変えられるのは、あなたしかいません。

動いたもん勝ちです。

大丈夫、君なら、出来る!

ファイティンじゃ!

無料ご登録フォーム

※登録されたメールアドレス宛にメールが送信されます。万が一、届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。

コメントを残す


Top