You are here
Home > 情報発信 > 「チャットの投稿数が多い=稼げる」の理由。

「チャットの投稿数が多い=稼げる」の理由。

「チャットの投稿数が多い=稼げる」の理由。スーパーは夕方よりお昼派!
混んでいないときにゆっくり買い物しています。

桜も散り、春を通り越して初夏のような暑さ。

ですが、並んでいる野菜を見ると春を感じますね〜。

常滑に住んでいたときは、
買うことなくお隣さんにもらったり、
自分で隣の竹林に掘りに行ったものです。

成長も早くたくましい野菜に、あやかりたいと思います♪

さてさて、
最近とても「怖い」と思う経験をしました。

101回目のプロポーズの浅野温子ばりに、
ねぇ怖いの、わたし怖いの、と連呼するくらい怖いこと。

それは、

「同じことを繰り返しているとき」

BUYMAでもトレンドでもメルマガでも、
どんなジャンルでも仕事でも同じなんですが

成長や発展のない作業を繰り返していると、ゾクっとします。

「やっべ!同じことやって何も創意工夫がないじゃん!」

そうなんです、成長を感じられないときにメチャクチャ恐怖を感じました。

雇われているときは特に気にせず、
言われたことや与えられた業務をこなせばお金はいただけました。

ですが、個人事業主がこの意識だとスグ稼げなくなる。

もしくは、売上が緩やかに右肩下がりになります。

BUYMAをしていたとして、

・外注化もせず出品を自分でしている
・ずっとモデリングだけしてる
・同じ手法だけで戦っている

先月より今月、今月よりも来月と
新しいこと、例えば外注化だったり、
海外現地買付けさんとの契約、
今までリサーチしていないブランドの出品。

新しいことにチャレンジしないと、脳みそが働かなくなってしまうんです。

これ本当!

脳みそが、考えなくてもいいから楽し始めるんですね〜。

それこそ、作業と言えることって、
ずっと同じことを繰り返しているので
考えなくても体が動く状態になります。

回転寿司屋でひたすら軍艦つくったとき、
頭では何も考えていませんでした。笑

「冷蔵庫にまだ卵あったかな?」程度です。w

で、こんな恐ろしい状態をどうやって見抜くのか?

それはアウトプットが出来るかどうか?で判断しています。

いつも「考える」ことをしている人は、
自然と頭で想っていることを文字に落とすことができます。

ですが、いつも何も考えずに、

・とりあえず記事投稿する
・とりあえず出品する

だけやっていると、
大抵アウトプットが出来ないんです。

例えば、日報が書けないとか。
メルマガが書けないとかも同じです。
(メルマガは最強のアウトプットですからね^^)

「チャットの投稿数が多い=稼げる人」

という方程式を聞いたことがありませんか?

ネットビジネスの大御所もよくおっしゃってますよね。

結局、チャットの投稿数が多い人ほど、
普段考えているから「アウトプット」が出来ている。

考える力が育まれるからこそ、
自分で問題解決が出来るようになったり、
新しい工夫に繋がっていくんだと思います。

「違いますよ、モチベーションが下がってるだけです」

という声も中にはあると思いますが、
モチベーションが下がりっぱなしってないと思うんです。

お仕事していればみんなミスもします。

でも、それでモチベーション下がって、
もう仕事しないっていう選択肢ないじゃないですか。

もし、副業でネットビジネスしてて、
モチベーション下がって作業できないっつーやつはネットビジネス舐めてるだけ。

こっちはモチベーション下がっても、
お金稼がないと食ってけないですから
外注さんだって雇えないですから、
だからシノゴの言わずやるしかないってだけです。

日報を提出する人が稼げる理由。

チャットの投稿数が多い人が稼げている理由。

それは、考える力が付き言語化能力が高くなるからです。

わたしも、アウトプット出来ないときは大体サボッてるときですからね。

やってないから書けないんです。汗

こうならないように、日々アウトプットを欠かさずやっていきたいと思います!

無料ご登録フォーム

※登録されたメールアドレス宛にメールが送信されます。万が一、届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認ください。

コメントを残す


Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。